マッチングアプリで顔写真を交換して欲しいと言われた時の注意点

マッチングアプリで良い出会いがあると、顔写真の交換をするべきかどうか悩まれる方も多いのではないでしょうか?

写真交換に応じないと嫌われてしまうんじゃないか?と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

実際に顔を合わせなくてもやりとりできるのが、マッチングアプリの良いところ。「顔が見たい」と相手に言われることは、あなたに興味があって先に進みたいと言う気持ちの表れです。

写真交換をしたいと言われたら、相手はかなり本気だと思って良いでしょう。

もし、あなたも同じように相手との進展を望むなら、勇気を出して顔写真の交換をしてみましょう。

写真交換をしたい相手の心理とは?


写真交換をしたいと言ってくる理由はいくつかあります。

単純にあなたのことが気になっている、もしくはどんな人なのか顔を見てみたい、こう言った感情があるはずです。

ここでは、こういった理由以外に考えられる写真交換を要求してくる相手の心理状態について解説します。

「交換したいけど、相手が何を考えているのか不安」という方はぜひ参考にしてみてください。

怪しい人物じゃないか知りたい

マッチングアプリを利用する人の中には、ちょっと訳ありの事情があるという人も少なくありません。

例えば、既婚者だけど恋人が欲しい人、職場の人や知人にアプリを使っていることを知られたくない人などです。

誰でも簡単に写真を見ることができるという利点を持つアプリだからこそ、知らないうちに見られたくない相手に見つかってしまうことも考えられます。

結婚相手がこっそりアプリに登録して浮気していないか探っている可能性もあり得ます。

こういった「見つかったらマズイ人たち」は、あなたがちゃんと信用できるかどうか知りたいので、積極的に写真交換を申し出てくるでしょう。

会う前に自分の中でイメージを作っておきたい

よく耳にするのは「ラインのやりとりと実際に会った時のイメージが違った」という話です。

良い意味でのギャップなら問題ありませんが、悪い意味でのギャップだと「騙された」と感じる人もいますよね。

過去にこういった失敗をしている人は、実際に会う前に顔の雰囲気を確認しておきたいと思うものです。

他にも、初対面だと極度に緊張してしまうような人は、顔写真交換を望むことが多いですね。

初めて会う前に、自分の中で会話のシミュレーションをしたり、イメージを作っておけるので安心できるという人もいます。

理想と違ったら早めに断りたい

気になる人ができて連絡を取り合うようになると、相手のことを知りたいと思うようになるのはごく自然なことです。

まだ会ったことのない相手なら尚更、「どんな人なのかな?」と期待は膨らむもの。。

実際に会ってみるまでの期間が長ければ長いほど、自分の中で「理想の相手像」が出来上がっていきます。

その理想が現実とあまりにかけ離れていると、落胆したりショックを受けることになります。

このように理想と違った時傷つくのが嫌だから、なるべく早めに写真交換しておきたいという心理状態になるんですね。

過去にひどい失恋をしたことがあったり、異性に裏切られて傷ついたことがある人に多いパターンです。

【失敗しない!】写真交換を成功させるコツ5選

せっかく気になる人と知り合えたなら、写真交換で気まずい雰囲気になったり連絡が途絶えたりしたくないですよね。

二人の関係を進展させたいなら、写真交換を成功させるためのコツを知っておきましょう。

難しいことは一切必要ありませんので、気楽に試してみてくださいね。

お互いに送り合うことを約束する

「自分は勇気を出して写真を送ったのに、相手からは来ない!なんで!?」

マッチングアプリでよくあるパターンです。

お互いに送り合う約束をしていないと、こういった事態になりかねません。

そうならないためにも、事前にお互いの写真を送り合う約束をしっかりしておきましょう。

ラインでやりとりしているなら「今から一緒に送ろっか!」と軽めのトーンで切り出すと、相手も送りやすくなります。

それでも相手から写真が送られて来ないなら、約束も守れない不誠実な人ということ。

きっぱり諦めて次へ行きましょう!

相手の反応を気にしすぎない

写真交換をした後に相手から返事が来なかったり、相手の反応が以前より素っ気ないような気がすると、どうしても気になってしまいますよね。

「見た目がタイプじゃなかったんだ・・・」と落ち込んでしまう気持ちも分かります。

しかし、写真が原因と決めつけて諦めてしまうのは勿体無いですよ。

もしかしたら、仕事が忙しい時期と重なっただけなのかもしれません。

しばらく経ってから返事が来ることもありますから、すぐに諦めないでください。

せっかくの出会いのチャンスを逃すことのないように。

写真を加工しすぎない

写真を見て好印象を持ってもらいたいと思うばかりに、写真加工アプリで作り込んでから送る人がいます。

これはお勧めできません。

あまりにも現実とかけ離れた写真だと、実際に会った時とのギャップに相手はショックを受けます。

「なんだか騙された気分」にさせてしまうことで、あなたへの信頼も失われかねません。

相手との関係を真剣に考えているならば、ありのままの姿を見せることが大切です。

詐欺レベルにならない程度の「程良い加工」に留めておきましょう。

送る前に友達に見てもらう

自撮り写真を何枚か撮っているうちに、どれが正解なのか分からなくなってしまったという経験はありませんか?

そうならないためにも、友人や親族など身近にいる人に自撮り写真を見てもらうことをオススメします。

いつも、鏡で見ている、自分と他人から、見られている自分の、見え方を本音でアドバイスしてくれる人もいるので。周りの人の意見を参考にしましょう。

事前にハードルを上げすぎない

まだ、お互いの顔を知らない男女が、よくする質問に「芸能人で言うと誰に似てるの?」があります。

こう聞かれた時、あまりにもハードルの高い女優さんやイケメン俳優を挙げるのはやめておきましょう。

相手を期待させすぎてしまいますし、ハードルを上げることで自然体のあなたを見せづらい関係になってしまいます。

それでは、お付き合いすることになれたとしても、お互いに窮屈な関係になってしまいかねません。

会う前のハードルは、極力低めにしておいた方が良いですよ。

写真交換で起こりがちなトラブルとは?【対処法も解説】

写真交換をする際、場合によってはトラブルが起きることがあります。

アプリで知り合っている以上、相手の素性が知れないというデメリットと向き合わなければいけません。

ここでは、実際にどんなトラブルが起きやすいのか具体例を解説していきます。

またトラブルが起きてしまった際の対処法も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

相手が知人(もしくは知られたくない相手)だった

本名でアプリを利用している人は、ほとんどいませんよね。

つまり、写真交換をしてから初めて相手の素性が分かるという場合がほとんどです。

例えばアプリで気になる人ができて、いざ写真を交換してみたら、なんと職場の上司だった!というとんでもないケースもあります。

更にその上司が既婚者だったら?考えただけで泥沼生き地獄です。

「毎日顔を合わせる関係上、気まずくて仕方がない。どうしたらいいのか・・・」と要らぬ悩みを抱えることになりますよね。

このように相手がもし知人だった場合は、焦って自分から行動するのではなくまず相手の行動を待つようにしましょう。

お互いの身元が知れて気まずいのはお互い様だということを覚えておいてください。

相手がどう出るかを待ちつつ状況に合わせて冷静に判断することで、トラブルを回避することができます。

トラブルに巻き込まれそうになったら、一人で抱え込まずに第三者に相談することをお勧めします。

写真の要求がエスカレートしていく

お互いの顔写真を交換したところまでは良かったものの、それ以降も写真を何枚も要求してくる人がいます。

嫌われたくないばかりに写真を送り続けていると、その要求がどんどんエスカレートしていくことも。

「口元の写真送って」「ちょっとセクシーな写真送って」など、撮りたくない写真を求められたら困ってしまいますよね。

もし相手の要求に応えられないと感じたならば、はっきりと意思表示をしましょう。

好きだからという理由で一度流されてしまえば、断りづらくなる一方です。

「これ以上はできない」と伝えてみて、相手が離れていくようであればそこまでです。自分の気持ちを最優先しましょう。

写真交換したけど相手が会う約束をしてこない

写真を交換した後、相手からの連絡が途絶えてしまったという悩みはよく聞きます。

会ったこともない相手ですから、何か不都合なことがあればやりとりを止めることは簡単ですよね。

連絡が来ない理由として考えられるのは、

  • 想像と違った
  • 他に気になる人ができた
  • 仕事が忙しく連絡する余裕がない

こんな時、しつこく連絡をして相手に返信を求めてはいけません。

あなたが連絡すればするほど、相手は間違いなく逃げていきます。

向こうから連絡が来るのを待ち、ある程度待っても連絡が来ないなら潔く諦めましょう。

写真交換したくない!そんな時の回避法

「写真交換した方がいいのは分かるけど、できれば断りたい!」そう思われる方もいらっしゃるはず。

ここでは、相手を傷つけずその後の関係も上手くいく断り方をご紹介していきます。

一度断ってから相手の反応を伺う

相手から数回写真交換の申し出があり、そろそろ断りづらくなってきたという方は、思い切って一度断ってみてください。

なんとなく断りづらいからと返事をうやむやにすればするほど、相手は期待を募らせることになります。

多少良心は痛むかもしれませんが、ここは覚悟を決めてください。

すっぱりと断った後は、相手がどんな反応をするかまずは様子を見てみましょう。

それでも変わらずあなたに連絡が来たり、「会いたい」とデートのお誘いが来るならば、あなたに本気だと捉えて良いでしょう。

やんわりとはぐらかす

「相手の気持ちを考えたらはっきり断れない!」という人は、やんわりはぐらかしてみる作戦でいきましょう。

「もう少し仲良くなったらね」や「最近仕事が忙しくてお疲れ顔だからまた今度!」など、具体的にいつ頃なのかをはっきりさせずに断るのがポイント。

あえて時期をぼやかすことで、「いつ送ってくれるんだろう」という相手の焦りや期待を逸らすことができます。

しかも、はっきり断られたわけではないので、相手があなたをすぐに諦める確率はグッと低くなります。

いい意味で「キープ」しておくことができるというわけです。

はぐらかした時の相手の反応も見ることができますし、かなり有効なテクニックですよ。

連絡を取るのをしばらくやめてみる

あまりにもしつこく写真交換を迫ってくるなら、連絡するのをやめてみるのも手。この時大事なことは、相手から連絡が来ても無視を貫くことです。

恋しくなって少しだけと返事を返せば、「良かった。嫌われてなかったんだ」と安心させることになります。

結果、写真交換の要求はより強くなるでしょう。

ラインが来るとどうしても気になってしまうなら、通知をオフにするなどして目に入らないようにすると良いですよ。

突然連絡が途絶えれば、当然相手は動揺し「何がいけなかったんだろう?」と考えることになります。

察しの良い相手なら、写真交換を迫ったことが原因だと分かるでしょう。

お互いに冷却期間を作ることで、本当に必要な相手なのかを見極めることができます。

相手の気持ちを確かめるという意味でも、ぜひ試してみてください。

とっておきの1枚で勝負しよう!

マッチングアプリに関わらず、人は第一印象で判断する生き物です。

写真は最も手っ取り早くあなたの印象を相手に伝えることができる、最強のツールともいえます。

何より、最高の1枚が撮れれば、あなたの自信に繋がりますよ。

ぜひ写真撮影をマスターして、最高の出会いを引き寄せましょう!

マチマチグーン編集部
マッチングアプリ評論家
マチマチグーン編集部
マッチングアプリを使いまくってはや8年、出会いハンター編集長が出会いに関する情報を紹介しています。